結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例紹介
結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例
このサイトでは、結婚式スピーチ、結婚式スピーチ文例のアドバイスを紹介してゆきます。
結婚式スピーチアドバイス目次
結婚式スピーチの基礎
結婚式スピーチ基本アドバイス
結婚スピーチの応用
結婚式スピーチ応用アドバイス
友人のスピーチアドバイス
職場の人スピーチアドバイス
結婚式スピーチ文例
友人の文例
職場の人の文例
新郎新婦のスピーチ
新郎へのアドバイス
新婦へのアドバイス
結婚式スピーチのアドバイス
結婚式スピーチアドバイス
実際に文章を作る

スポンサードリンク

さて、今までの説明でどうでしょうか?ある程度はスピーチの構成、作り方、というものが見えてきたのではないでしょうか?それでは、実際にスピーチの原稿を作ってゆきたいと思います。新郎新婦に結婚披露宴と、その出席者の確認はすみましたか?まだの人は、先に確認しておきましょう。なお、普通の式場で行われるような、通常の結婚披露宴であれば、誰が聞いても気持ちのよいものをつくることを心がけます。さあ、それではさっそくスピーチの原稿を作成していきます。簡単ですよ♪

文字数についての注意

まず、一般的にスピーチの長さは、500〜1000文字程度で、3分程度の長さのものが良い、といわれています。5分もかかるようであれば、これはちょっと長いといわざるを得ません。したがって、文字数でいえば、短くて500文字、長くても1200文字程度、ということです。これで、スピーチのおおよその文字数、長さが決まりました。

結婚式スピーチ、メインエピソードの注意点

さて、祝福の言葉と自己紹介は、ある程度定石のものを引用してもかまわないでしょう。となれば、あとはメインのエピソードが重要になってきます。この際、考えるべきことは、自分だから話せる、という内容のエピソードです。これだと、他の人のスピーチとかぶることはないでしょうし、他の人の知らない新郎新婦の別の面を皆が知ることができます。これに具体的な内容を肉付けしてゆき、わかりやすい言葉で説明するわけです。また、この時の注意点としては、新郎新婦はどういった内容の話だと嬉しいだろうか?また、それがわからなければ、どういった話の内容だと(もし自分が新郎新婦の立場なら)いやだろうか?ということです。この二番目の手順で、話すべき内容と、話すべきでない内容を明らかにします。当然、暴露話などは絶対に避けましょう。

これからの言葉

さて、このエピソードを受けてこれからの人生に向けての言葉を考えます。エピソードが笑える話であれば、それを受けて「そんなユーモアのある家庭をこれからも築いて欲しいと思います」などとしても良いでしょうし、やさしさや人柄がうきぼりになる、ほほえましいエピソードでは、それを受けて「その細やかなやさしさで、○○さんを支えてゆくと思います」などとしても良いでしょう。
エピソードが決まれば、この辺りはある程度自由が効きます。

結論

文章を作成するときは、必ず原稿用紙にかいてゆきましょう。原稿にすることで、文章、内容、また文章に忌み言葉が入っていないか、敬語は正しいか?などのチェックすることができます。

スポンサードリンク
 
サイト利用時の注意点相互リンクについて
結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例紹介
「結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例紹介」 All Rights Reserved. 2006 
lastaccess:2009/07/25