結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例紹介
結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例
このサイトでは、結婚式スピーチ、結婚式スピーチ文例のアドバイスを紹介してゆきます。
結婚式スピーチアドバイス目次
結婚式スピーチの基礎
結婚式スピーチ基本アドバイス
結婚スピーチの応用
結婚式スピーチ応用アドバイス
友人のスピーチアドバイス
職場の人スピーチアドバイス
結婚式スピーチ文例
友人の文例
職場の人の文例
新郎新婦のスピーチ
新郎へのアドバイス
新婦へのアドバイス
結婚式スピーチのアドバイス
結婚式スピーチアドバイス
これからの生活に向けて

スポンサードリンク

さて、次はスピーチの中心部分、パート2!。これからの生活に向けて、一言です。
これにも定石となっているような決まり言葉は特にありません。したがって、どういった話題が考えられるか?ということをいくつか紹介してみましょう。

 ●●さん、これからも、そのやさしさを発揮して、○○さんと明るい家庭を築いて欲しいと思います。

●●さん、○○さん、今日のお二人の笑顔はとても素晴らしいです。これからも、その素晴らしい笑顔の絶えない、明るく楽しい家庭を築いて下さい。。

いつまでも、趣味である映画に、二人仲良く手をつないで見に行くことができるような、そんなほほえましい夫婦になられることを期待しています。

二人とも本音で何でも話しあえるような、そんな中むつまじい夫婦になってください。また、そうなれるであろうと私は確信しております。
 
本日お二人は、新しいスタートラインに立たれました。これから先も、二人で一緒に困難を乗り越え、より深い絆を作り上げてほしいと思います。

といったところでしょうか。

二人の新生活へ向けた一言は、エピソードを話した後にその内容プラスαする形で発展させると上手くまとまりやすいです。エピソードの最後に、期待や励ましの言葉をいれるわけです。

年配の方であれば、ここに故事、名句や四字熟語を引用することも多いですが、若い人であれば、あまりそういったスピーチをすると一気に堅苦しくなります。(これが、堅苦しいスピーチにするコツです)素直な言葉でも、十分表現できると思いますので、色々考えてみてください。

また、上の例をみればわかると思いますが、「これからの言葉」には、その人の人柄(上の例だと、そのやさしさを発揮して等)を受けての言葉を使う、あるいは、趣味(上の例だと映画)などを受けた言葉を使うなどが使いやすいでしょう。他には、仕事なども考えられます。

これも、導入部の最初のあいさつや自己紹介と比べると、少し難しいかもしれません。しかし、エピソードの部分ができていたら、それを受けて発展させるこの「これからの言葉」は比較的やりやすいです。これさえ終われば、あとはラクです。がんばって頭を悩ませてみましょう。

スポンサードリンク
 
サイト利用時の注意点相互リンクについて
結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例紹介
「結婚式スピーチアドバイス、結婚式スピーチ文例紹介」 All Rights Reserved. 2006 
lastaccess:2009/07/25